春田琴栄

代表

 

春田 琴栄

            Haruta Kotoe

 CHERIEバレエスクール 代表 

 

3歳からクラシックバレエを始める。

学生時代にアメリカのワシントンバレエスクール、ボストンバレエスクールに留学。

18歳から指導を開始。

23歳の時にバレエを辞めて一年間、女性専用フィットネスの会社に勤めキャリアアップ、社会経験を積み、バレエの世界だけでは無く、営業能力や一般企業の考えを学ぶ。

その後、バレエの世界に戻り、数々のバレエ団の公演に参加。

プロとして活躍する中、指導にも邁進し、バレエサークルルーチェ、スポーツoasis、アッサンブレ、フリーウェイダンススタジオ、宝塚歌劇養成所&3、Zen Show等数々のスタジオでの指導経験を経て、2014年9月 春田 琴栄バレエスクールを設立。中小機構の創業補助金を獲得し、 自身のデザインでバレエグッズを販売。ネットショップを立ち上げる。バレエ教室拡大にも助けとなる。

 

2016年には株式会社コジットとのコラボレーションにより、自身が監修した商品4点を全国の店頭(イオン、東急ハンズ、ロフト、生協など)、通販で販売中。

2017年には、コジットの監修商品『開脚クッション』『スプリングクロス』が大ヒット商品となり、2週間で5000個という売り上げ記録を出す。

現在、200名を越える生徒を抱えており、2016年6月に初の第一回春田 琴栄バレエスクール自主公演を行い、毎年全幕の舞台の主演、舞台構成、振付、指導と全ての分野を統括してこなすバイタリティーを持つ。

 

アメーバブログやインスタグラムは、毎日沢山の読者が閲覧し人気のブロガーとしてバレエの情報を配信している。

 

毎年、東京、ニューヨークなどの研修に行き勉強を続ける。

 

ココナラ巽

訪問型介護施設にてバレエ体操を毎月開催し、大好評を受ける。今後のボランティアや、人の喜びに何か出来ないか活動中。

 

 

 

•受賞歴

NAMUEバレエコンクール 第4位

まちだ全国バレエコンクール 第6位 

こうべ全国洋舞コウンクールジュニア1部、シニア入選

 

 

 



 

専属講師、指導、振付、運営補佐

 

 垂口 陸

    Taruguchi Riku

 

6歳でクラシックバレエを始める。

19歳でコンテンポラリーダンスを始める。

CHERIEバレエスクールにてクラシックバレエコンテンポラリークラスの指導を始める。

 

〈クラシックバレエ〉

バレコン大阪、入選。

NAMUEバレエコンクール、入選。

P.B.K京都バレエコンクール、入選。

レパートリーに「くるみ割り人形」より金平糖の精、「グラン・パ・クラシック」「ラ・シルフィード」「ダイアナとアクティオン」よりダイアナ、「海賊 」よりメドーラをもち、毎年、舞台に立ち経験を積む。

 

〈コンテンポラリー〉

2016年 Legend Chapter6 本戦にYae.Saya作品で出場しアジア文化交流審査員賞受賞。

 

アクロス福岡シンフォニーホールにて『空海劇場2016-清らかなる生命の響き』に出演。

 

2017年 佐藤 和子 Amoeba-project of dance art17-アイホール協力公演、『BABEL』~Fording out~に出演。

 

 

 

☆琴栄先生からのコメント☆

CHERIEバレエの二番手として専属講師を務めて努力しています。

貪欲に学ぶ姿勢と、心から生徒さんのフォローに回ることから生徒さんからの支持も多いです。

踊ること、指導することが一番の喜びで、真面目で健全な性格。

バレエに人生を捧げている講師です。


 

指導補佐、運営補佐

 

 小林 加奈

            Kobayashi Kana

 

5歳よりクラッシックバレエを始める。

幼少期から多くの舞台に立ち経験を積む。

社会人になる時にバレエを辞める。

数年間のブランクを経て、2015年より春田琴栄バレエスクールに所属。指導補佐として勉強中。

四天王寺国際仏教大学短期大学、保育科卒業。

保育士として7年間勤務する。

 

☆琴栄先生からのコメント☆

幼少期からバレエ経験があり、バレエのことをよく知っています。

バレエ界でよくある、指導補佐をしながら社会人との両立が困難になりバレエを一度辞めてしまう。

CHERIEバレエの生徒さんも昔はバレエをやっていてブランクがある方が多く、その気持ちに沿ったレッスンができています。

今までの保育士として、一般企業の会社員としての社会経験が、琴栄バレエの運営の力になっています。

 



 

ゲスト講師、指導、振付

 

 西山 昌以子

          Nishiyama Maiko

          (エトワールバレエスクール)

 

3歳からクラシックバレエを始める。

8歳よりクラッシックバレエを大出唯に師事。

9才よりコンテンポラリーダンスを加藤きよ子に師事。

京都バレエ専門学校に入学し、有馬えり子、薄井憲二、安達哲司、フランチェスカズンボー、エリックカミーヨ、イザベルシアラヴォラ、カール・パケットらに師事。

在学中、パリ、ウィーン、ミラノに短期研修。

現在エトワールバレエスクール他にて、3歳から大人まで幅広く指導中。

からだスキャンセルフマッサージインストラクター資格取得。

PAI認定Silk Suspentionファンダメンタルス取得。

 

●受賞歴

第23回 こうべ全国洋舞コンクール ジュニア1部入選

第1回 全国鎌倉バレエコンクール ジュニア第5ブロック6位

中国国立遼寧舞踊学校 短期研修

第41回  NAMUEクラッシックバレエコンクール大阪 一般の部 第2位

 

 

☆琴栄先生からのコメント☆

多くの知識と経験を持ち、エネルギッシュで明るいレッスンを行います。

音楽的で細やかな指導が人気の先生です。

子どもからも憧れられる、可愛い先生で、楽しく明るくのびのびとしたクラスになっています。 


 ゲスト講師

 

     佐藤 葵

      Satou Aoi

 

 

3歳より母である佐藤ユリに師事。

10歳より天満徳子バレエ教室 天満徳子、天満千佳、ユーリ・ディマコフに師事。

英国バレエスクールのサマースクールに参加の後2012年モスクワ国立舞踊アカデミー入学。マリア・セルゲイエブナに師事。

同校終了後、帰国後は母の教室を手伝っている。

2016年より コークシティバレエ団参加。

現在、天満徳子バレエ教室アソシエイツ所属。

 

 

 

 

●受賞歴

 

2014年 NAMUE大阪 シニア第7位

2018年 NAMUE神戸 シニア第8位

 


 

特別ゲスト講師

 

     肥田 あけみ

                   Hida Akemi


 

特別ゲスト講師

 

      田中 ルリ

                  Tanaka Ruri

               (田中 千賀子バレエ団所属)

 

1982年 田中 千賀子バレエスタジオにてバレエを始める。

1991年 こうべ全国洋舞コンクール第2部 第2位

1992年 中部日本バレエコンクール中学生の部 第1位

     こうべ全国洋舞コンクール第2部 第3位

1993年 東京新聞全国舞踊コンクールジュニア部 第2位

     こうべ全国洋舞コンクール ジュニア部 第1位

1994年 ハンブルク バレエ学校留学

 

 

 

1999年 International Ballet & Modern Dance Competition 第1位Gold medal

    青山バレエフェスティバル・イン大阪スーパーガラナイトに出演

2000年 日本バレエ協会公演「眠れる森の美女」にてリラの精を踊る

     日本バレエ協会ヤングバレエフェスティバル「パキータ」に主演

     青山バレエフェスティバルに出演

2001年 日本バレエ協会公演「白鳥の湖」に主演

     新国立バレエ団「眠れる森の美女」にてリラの精を踊る

     ゴールデンバレエコースターに出演

     文化庁芸術祭新人賞 受賞

2002年 International Ballet & Modern Dance Competitionメダリスト達の競演全国ツアーに出演

     バルチックバレエフェスティバルに出演

2004年 バレエ協会北海道支部「眠れる森の美女」に主演

2005年 日本バレエ協会公演「「ドン・キホーテ」に主演 

     フランス リヨンにて「カンパニーリヨン旗揚げ公演」にゲスト出演

     財団法人松山バレエ団芸術奨励賞 受賞

2011年 バレエスタジオミューズ公演「くるみ割り人形」主演

2017年 おおいたバレエコンクール審査員

2018年 おおいたバレエコンクール・バレコン大阪・CREA全国プレバレエcompetition・バレコン福岡にて審査員を務める

 

現在、ダンサーとして舞台に立ちながら、田中千賀子バレエ団にて指導や振付、全国にて講習会を行っている

 


 

特別ゲスト講師

 

     黒木 かほ

                Kuroki Kaho

古川満
特別ゲスト講師
           古川 満
                       Hurukawa MIturu
志摩スペイン村・ユニバーサルスタジオジャパンでダンサーを経て
1999年に肥田貞子バレエ研究所にてバレエを始める。
2004年 肥田貞子バレエ団入団
田中景子バレエ団発足記念公演『白鳥の湖』
若佐久美子バレエスクール25周年記念公演『眠れる森の美女』にて主役を務め関西を中心に全国で活動中。
肥田貞子・肥田あけみ・穴見志保巳に師事。

石崎 慎

 

1998年 地主薫バレエ団に入る。

2000年 全国バレエコンクールin Nagoya入選。六甲アイランドシアター主催「シンデレラ」全幕の

      王子を踊る。

2001年 豊中市主催 親と子のつどい20周年記念公演「シンデレラ」全幕の王子を踊る。

      第9回モスクワ国際バレエコンクールに出場。海賊のパ・ド・ドゥで、その力強いサポートに

      大喝采をあびる。

2003年 地主薫エコール・ド・バレエで「くるみ割り人形」全幕の王子を踊る。

      地主薫バレエ団公演「くるみ割り人形」でハレキーン人形を踊る。

2006年 地主薫バレエ団公演 オリジナル作品「アリババと40人の盗賊」で主役アリババを踊り絶

      賛された。

2007年 地主薫バレエ団公演「シンデレラ」でピエロを踊る。

2008年 地主薫バレエ団公演「ロミオとジュリエット」でマキューシオを踊る。

 

端正な顔立ちと高い身体能力を生かし、幅広い役柄を熟す。

 

現在、地主薫バレエ団副団長

 


村田周平

村田周平先生

 

2000年より野村泰久氏の元で
バレエを始める。
その後、望月則彦氏に師事する。
2010年ドイツ、
シュツットガルトバレエ団
元ソリストのクリスチャン・ファランガ氏の元で研修する。

三船元維

三船 元維先生

 

岡山県出身。

15歳でクラシックバレエを始め、17歳で名教師A・ボンダレンコに見出されロシア国立ボリショイバレエ学校に留学。帰国後、新国立劇場バレエ研修所第2 期生に選ばれ日本を代表する数々の名教師に学ぶ。

卒業後、平成17年度文化庁新進芸術家在外研修員としてNY にある Alvin Ailey にて研修。帰国後、谷桃子バレエ団、新国立劇場バレエ団にて活躍。

 

2014年3月からNBA バレエ団にてソリストとして入団。

デビュー公演で日本初演、ガチョーク賛歌にて「とある詩人の死」に抜擢。ブルッフバイオリン協奏曲にてアクア役。日本初演「ドラキュラ」でヴァンヘルシング役を演じ好評を得る。12月にはくるみ割り人形で王子デビューも果たした。

 

東京高等バレエ学校教員。バレエに限らずコンテンポラリーとともにパワフルな踊り、舞台表現に定評がある。岡山市立岡山後楽館中高一貫学校10 周年記念公演やRSK 山陽放送主催「救え戦場の子供たち」08、10 を企画、演出、振付、主演をし好評を得る。最近は自主公演も手がけ、指導の分野でもたくさんのコンクール受賞者を出すなど活躍の場を広げている。


柄本武尊

柄本武尊先生

 

京都市出身。

12歳よりバレエを始める。

01年、ベルギー王立アントワープバレエ学校に2年間留学。

03年、新国立劇場バレエ団に契約ダンサーとして入団。数多くの古典全幕バレエに出演する。

08 年、チャイコフスキー記念東京バレエ団に移籍。「眠れる森の美女」4人の王子、「白鳥の湖」ロットバルト、「ドン・キホーテ」ドン・キホーテ、闘牛士、マ カロワ版「ラ・バヤデール」ハイブラーミン、ラジャ、パ・ダクション、クランコ版「オネーギン」グレーミン公爵、マラーホフ振付「四季」春、「ボレロ」第 2ソリスト、「ザ・カブキ」直義、「春の祭典」リーダー、「ギリシャの踊り」ハサピコ、など、数多くのソリストを踊る。

12年、同バレエ団を退団。

12~14年、拠点を関西に移しフリーのダンサー・講師として活動しつつ、バレエ専門デザイン会社にてデザイナースタッフとして多くのデザインを手掛ける。

14年、デザイナーとして独立。現在、あるとりえ・バレエデザイン代表。